スポンサードリンク

圧力鍋の使いこなし術

簡単なお粥(お粥)の作り方は圧力鍋が1番ですね。特に玄米粥の作り方では、本当に美味しいお粥を早く作るのならば圧力鍋は最高ですね。

圧力鍋のお粥に限らず、長時間かかる豆類の茹で時間も15分くらいですからね!ビックリするほど早いでしょ。

豚肉の塊り肉も、牛の固いすね肉だって驚くほどの速さで柔らかくなりますよ!当然、栄養の損失も軽減出来ますし、光熱費の節減にもなります。

圧力鍋は、蒸す、茹でる、煮る、炊くの四役可能な鍋なんですよ。

お粥の作り方は30分以内でつくりたいですよね。しかし、お粥には時間がかかってしまいまいます。お粥でダイエットのために、朝食をお粥にと思ってもついつい億劫になって継続できません。

しかし、圧力鍋を使用すれば、ご飯からのおかゆなら、小豆粥でも、芋粥でも沸騰後5分の弱火加熱ですよ、自然冷却の時間を入れても15〜20分ほどですからね。白粥なら数分です。

圧力鍋で作るお粥の最大利点は、美味しいと云うことです。古米や冷やご飯でも、新米なみの美味さを引き出して美味しいお粥にしてくれます。

離乳食のお粥でも、ダイエットのおかゆでも、多めに作り置きしておけば更に便利です。

個人的には、電気圧力鍋がオススメですね、少々お高めですが熱源が電気ですから、火力調節など不必要でほったらかしに出来ます。
posted by kantanokayu at 02:36 | 圧力鍋の正しい使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。