スポンサードリンク

朝食に玄米粥

簡単 お粥の作り方(おかゆ)の今回は玄米粥の作り方です。
朝食に玄米粥は最適ですよ!

おかゆとは普通は白粥のことを云って、水の量を増やして白米を柔らかく煮た物を指します。古来、煮た米を「粥」、ふかした米を「飯」と分類していたようです。

更に、おかゆを固さから、「固粥」「汁粥」「重湯」と3種に大別して、固粥が現代の御飯で、現代のお粥は汁粥に相当すると云われます。

お粥の作り方(おかゆ)には、どんな穀類でも利用することが出来、美味しく頂けて、滋養があり健康的な食べ物を簡単に作ることが出来ます。

【玄米粥の作り方(おかゆ)簡単】
○玄米とは
・稲米から籾殻(籾殻)だけを除去したもの
・ビタミンB群・ミネラル・脂肪・タンパク質を豊富に含む
・植物性食物繊維を豊富に含み、便秘・大腸ガンなどを予防

あらゆる生活習慣病の予防を期待される玄米ですが、玄米を美味しく炊くには火加減や水加減など難しいものです。玄米は圧力鍋で炊くのが1番ですが、最近では玄米炊飯や玄米粥の機能が付いた電気炊飯器も出回っていますし、普通に炊ける「発芽玄米」なども市販されています。


○玄米粥の作り方
炊飯は圧力鍋が必要だったり、炊き方も難しかったりしますが、お粥の作り方はいたって簡単です。焦がさないように注意して炊くだけで、鍋も特殊なものを選ぶ必要もありません。

■「煎り玄米粥」
簡単で美味しいく作れます。
・玄米適量を乾煎りりする   →1人前、カップ4分の1くらい
・香ばしい香りがするまで煎る →少し色が変わるまで煎る
・好みの水分量を入れる    →通常2カップくらい
・吹きこぼれに注意して弱火  →1時間くらい
・好みで塩少々を加え調味  →食べる時に胡麻塩も美味

大変に香ばしいお粥ですよ。しかし簡単ですが少々時間はかかります。朝食に玄米粥の時には、忙しいですから、お粥を30分以内で作る作り方をご紹介します。

煎り玄米を炊飯器か、圧力鍋で柔らか目に炊飯しておき、小分けにして冷凍保存します。食べる時にレンジで暖め、鍋で「入れ粥」にします。これなら15〜20分くらいで完成です。お粥が30分以内で美味しく出来上がります♪

小豆なども冷凍しておきますと、玄米小豆粥も簡単に作れますよ。
朝食に玄米粥を色々なバリエーションで楽しんでいます!

関連記事:おかゆ並みの高齢者向け食パン


posted by kantanokayu at 17:15 | 玄米粥の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。