スポンサードリンク

おかゆ並みの高齢者向け食パン

おかゆ並みの高齢者向け食パンが話題になっています。

お粥の軟らかさをもつ食パンで、スプーンですくって食べられるほどの「らくらく食パン」が、広島市安芸区の「タカキベーカリー」によって開発され、医療施設や介護施設向けに発売されています。


高齢者は、かむ力が弱くなって、咀嚼力も低下して来ますし、唾液の分泌量も激減します。

おかゆのよに高齢者にも、美味しく食べられるパンと言うわけです。


   ◆お粥のように食べられるパン◆

お粥(おかゆ)と異なり、水分を吸収してしまうパンは、高齢者には食べにくくなる傾向があります。


その原因は、高齢になると残っている歯が減少するだけでなく、唾液(だえき)の量が減少しますし、嚥下力(のみ込む力)や咀嚼力(噛む力)が弱くなってしまうためです。


おかゆの効果は、高齢者に取って食べやすいだけではなく、消化吸収も高まり、適度な水分補給にもなります。

しかし、最近の高齢者は子どもの頃から、学校給食でパンを食べ慣れていますから、お粥や、米飯だけではなく、パンも食べたいという方も少なくないゆです。

おかゆのように「食べやすいパン」が以前から求められていたのですが、このたび「タカキベーカリー」によって開発されたのです。

■おかゆ並「らくらく食パン」
同社のパンは、今までは固くて噛み切りにくかった「耳」まで柔らかい仕上がりになっています。

高齢者のために「小麦粉」「油脂」の配合から焼き方まで工夫して、研究開発されています。

[お粥の柔らかさの特徴]
・厚さ1・5センチに切り分けられています
・1枚ずつほのかな甘さのシロップに浸されています
・おかゆのような柔らかさはスプーンですくえます
・軟らかさは、舌で簡単につぶせるほどです
・衛生的に1枚ずつパック詰めされ、冷凍で出荷されています
・甘みは普通のロールパン程度です

お粥が健康に効果的であっても、毎食、毎食では飽きがいますよね^^高齢者の豊かな食生活のために嬉しいニュースですね♪

(ニュースソース:読売新聞)

関連記事:風邪に効く食べ物/風邪に良い食べ物


posted by kantanokayu at 15:56 | お粥の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のおかゆ|さつま芋のお粥

秋のおかゆはさつま芋のお粥ときのこ粥に代表されるのではないでしょうか?

秋のおかゆは、夏の暑さで弱った胃腸を元気に快復させてくれます。
旬のさつま芋や、きのこを使ったお粥で秋の味覚を楽しみましょう^^

◆さつま芋粥の作り方(レシピ)
今回ご紹介するおかゆは、黒ごまペーストを使用した「さつま芋と黒ごまのお粥です。健康効果が期待出来ますから秋の夏バテ快復に最適ですし、まず、美味しいですからぜひ試されてはいかがでしょうか!

材料)
・白米      ⇒2/5カップ
・水       ⇒5カップ
・さつま芋    ⇒1本(大)
・黒ごまペースト ⇒大さじ3〜4杯(市販の物で可)
・砂糖      ⇒適宜(少量)
・塩       ⇒適宜(少量)
・あさつき    ⇒適宜(少量)細ねぎなどお好みで

(作り方)
・適宜(少量)は研いで、指定量の水と共に鍋に入れます
・2時間ほど置いて浸水させます(急ぎの場合の時間はご都合で加減)
・さつま芋は皮を剥き輪切りにしてサッと水洗いしてアク抜きします。
・先程の鍋にさつま芋を入れ、強火にかけます。
・沸騰してきたら、ごく弱火にして、20分加熱します。
・加熱が終わったら、火を止めて10分ほど蒸らします。
※このまま、少量の塩と砂糖で味を調ええても充分美味しく頂けますが、今回は栄養効果とさらなるお粥の美味しさの為にゴマを使用します。
・蒸し時間が終了したら指定量の黒ごまペーストをおかゆに加えます。
・塩、砂糖で味を調えて「さつま芋粥(黒ごま入り)」の完成です。
・椀に盛ってあさつきを散らして頂きます。

◆さつま芋の栄養 効能と効果

■ビタミンC
りんごの約10倍ほど含まれ、熱に弱いビタミンCですが、さつま芋が含む「でんぷん質」に守られたビタミンCは壊れませんから、効率よく吸収することが出来ます。サツマイモは加熱するおかゆの具材に最適です。

しみ・そばかす・風邪などの予防に効果があります。

■ビタミンB群&E
健康効果で人気の玄米と同じ程のビタミンB群・Eが含有されます。

疲労回復ビタミンで知られるB群は、血循を良くし、体の疲労を取り除きますし、Eはアンチエイジングで知られるビタミンで老化現象を抑制します。

■β-カロチン(カロテン)
体内で必要なだけビタミンAに変わり、生体膜を守り、ガンの抑制効果や、お肌に有効です。

■カリウム
ご飯の約18倍のカリウムと云いますから驚異的ですね、加熱調理してもほとんど消失することがありません。

さつま粥は、この点からも理想的なレシピです。

主な効果として、塩分バランスの調整や血圧低下が上げられます。

■クロロゲン酸
さつま芋の皮の周辺に多く含み、クロロゲン酸には抗酸化物質が含まれますから、活性酸素の除去に効果があります。

■ヤラピン
茎から切り離した時に出る白い物質のことで、昔から便秘解消・滋養強壮に効果があると云われています。

■アントシアニン
紫芋(さつま芋の仲間)にはアントシアニン(抗酸化物質)が含まれ生活習慣病予防に効果があると注目されています。沖縄ではごく一般的な芋です。ゴーヤーと共に沖縄県の長寿に貢献する食べ物のひとつです。

簡単 お粥 作り方
関連リンク:風邪に効く食べ物/風邪に良い食べ物

posted by kantanokayu at 04:06 | お粥の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国お粥のご紹介

韓国お粥のご紹介です。「簡単 お粥の作り方(おかゆ)」で韓国のお粥に挑戦してみませんか!?日本のお粥と違って、中国粥もそうですが、韓国のお粥(おかゆ)も米の粒が見えないほどにトロトロに煮込んだお粥が特徴です。


我われの想像では、韓国料理に欠かせない食材と云えば、キムチ、トウガラシ、ニンニクと思いがちですが、それは誤解なんですね。比率的には辛いものが確かに多いのですが、韓国の人だって来る日も、来る日も辛いものばかりを食べてはいませんよ。


今回ご紹介する「お粥」ですが、近年の健康ブームで、韓国ではお粥の専門店が急増しているそうですよ!


韓国のお粥(おかゆ)は、具材がバラエティー豊富でお粥の種類も多種類揃っています。米の粒が見えないほどに煮込んだ韓国お粥は、それぞれの具材が豪華で、また見事にマッチしてお粥の概念より豪華料理の感じです。

キムチ、ラッキョ、イカの塩辛などのパンチャン(おかず)がお粥に合って更に食が進みますよ^^


◆韓国お粥4種ご紹介

★アワビのお粥
韓国おかゆと云えば、一番人気はコレですね。見た目はシンプルな普通のお粥ですが、香ばしいゴマ油の香りが食欲をそそります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれるアワビは韓国でも高級食材なのですが、韓国では健康保養食としてアワビは昔から愛食されてきました。アワビお粥は美肌効果でも評判です。アワビ特有の食感と磯の香りがいいですね!

★松の実のお粥
これはシンプルな韓国お粥の定番ですね。日本で云えば「白粥」の感覚でしょうか。日本人にも馴染みのあるポピュラーな韓国おかゆですね。松の実の味は淡白ですが油脂分が多いので柔らかな歯ごたえがあり、古来から韓国の宮廷料理でよく使われて来た食材です。

★小豆のお粥 
日本の小豆お粥のつもりでいると、これがお粥か?と驚かされます。見たところは、日本のぜんざいのようで、小豆と栗まで入っていています。一口食べて見ると、味はまったく日本の小豆お粥とは違います。
韓国では冬至に食べる風習もあるそうです。

★カキと茸のお粥 
日本のおかゆのレシピにも、牡蠣やキノコのお粥がありますが、やはり韓国のオカユとは味が違います。牡蠣や茸(キノコ)が、まさにゴロゴロといった感じに入っているお粥です。海のミルクと呼ばれる牡蠣とキノコの相性は抜群です。滋養効果、美容効果は間違いなしですね。

お粥を食べ終わったら韓国の伝統茶である「ナツメ茶」や「ゆず茶」などをすすりながら元気が湧いてくるのを実感してください。

家庭の味で作るのならば、いずれのお粥も作り方は簡単ですから、お試しあれ、ですね^^
posted by kantanokayu at 09:27 | お粥の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット お粥(おかゆ)の種類

ダイエット お粥(おかゆ)の種類も現在では豊富に市販されていますし、技術開発が進み味も美味ですが、簡単 お粥の作り方(おかゆ)で作った手作り粥はやはり美味しいですよ!

ダイエットの食事制限では、お米などの主食の穀類を制限するものが多いようですが、それだけ効果的なのです。

普通に炊いたご飯を食べても良いのですが、やわらかく煮たお粥の方が水分が増えた分だけカロリー減になりますし、空腹感を補えます。お粥は水分が多く低カロリーですから、とてもダイエットに適した食品なのです。簡単 お粥の作り方(おかゆ)で手作りしちゃいましょう!

お粥の素材は白米,玄米,胚芽米,胚芽玄米,雑穀米(ヒエ,アワ)など豊富ですし、これらに、小豆,山芋,野草,木の実,魚介類などの材料を加えますとダイエット お粥(おかゆ)も飽きることがありませんよ♪

◆ダイエット お粥(おかゆ)の素材について
白米だけのお粥も充分に効果はありますが、玄米粥ですとか、胚芽米、胚芽玄米、雑穀米などのお粥は栄養価も高く、バランス良く栄誉を摂取出来ます。

主食を制限する場合は、ダイエットで栄養不足にならないように注意が必要ですから、白米よりも、玄米、胚芽米、胚芽玄米、雑穀米などの素材で作った方がダイエットのお粥(おかゆ)にも適していますし、健康にも大変効果的です^^

温めるだけの調理加工済みのレトルト製品も豊富に市販されていますから、忙しい時には大変重宝します。


おいしく食べてダイエットディナーと朝粥セット!Dサプライズ8日間セット楽天

※玄米とは、稲の一番外側の籾殻(もみがら)だけを除去、ぬかと胚芽が残り栄養豊富だが食べにくい。
※胚芽玄米(発芽玄米)は、ぬかを残し発芽させたもので、栄養はさらに豊富。
※雑穀米とは、大麦(押麦)・もちアワ・もちきび・ 杯芽押麦・ハト麦・アワ・玄ソバ・そばの実・クコの実・緑豆などを米と配合したもの。
※米を含み雑穀が5種類⇒五穀米。16種類⇒十六穀米。
posted by kantanokayu at 03:21 | お粥の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お粥の種類について

簡単 お粥の作り方(おかゆ)ですが、調理法によって、御飯から作る「入れ粥」と、米から炊いて作る「炊き粥」に分けられます。またこれらのお粥の作り方(おかゆ)も、水分の量によって分類されお粥の種類も多様です。

突然ですが、引越し蕎麦の風習が江戸時代に始まるまでは、引越しのおり、ご近所に「お粥」配っていたらしいですよ!


■お粥の作り方:水分量による区別(一般的な水分量による)
・全粥  →米の5倍量の水
・七分粥 →米の7倍量の水
・五分粥 →米の10倍量の水
・三分粥 →米の20倍量の水


■お粥の作り方:調理方法による区別
○入れ粥
残りご飯をお粥にして食べる場合などの調理法で、簡単なお粥の作り方(おかゆ)ですが、やはり生米から炊いて作る「炊き粥」に比較しますと味が落ちるのは仕方のないことですね。

普通に炊いたご飯に、ご飯の倍程度の量の白湯を加え炊いて作るお粥で、簡単な作り方ですが、粘り気のある汁が出るのが難でしょうか。

でも充分に美味しいですよ。もちろん入れ粥も水分量によって色々なタイプのお粥に調節出来ます。

○炊き粥
お米から炊いて作る美味しいお粥で絶品ですね!お米と水の割合により味わいも異なってきます。これは、もう個人のお好み次第ですね、日によって、副菜によつて、全粥良し、また七分粥も良しっていう感じですね。
・五分粥は白粥の場合に掻き混ぜますと米が崩れてネバリが出てしまい、味が落ちますからかき混ぜないようにしましょう。

炊く時の火力は、吹きこぼれないほどの強火で、鍋の中でお米が自然対流をするように炊くのがコツでしょうか。


■お粥の作り方:具や味付けによる区別
・白粥(しらがゆ)→米を水だけで炊く(少量の塩を加える場合も)
・黒米粥(くろまいがゆ)→黒米を水だけで炊く
・茶粥(ちゃがゆ)→米をほうじ茶で炊く
・牛乳粥(ぎゅうにゅうがゆ)→米を牛乳で炊く
・芋粥(いもがゆ)→米の粥に山芋・サツマイモを入れて煮た粥。
・中華粥(ちゅうかがゆ)→中国風の米の粥

など、まだまだありますよ!
posted by kantanokayu at 05:10 | お粥の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。