スポンサードリンク

うにのおかゆ|梅雨時の薬膳粥

うにのおかゆ 薬膳粥 梅雨時のおかゆに「うにといかといちじくの薬膳粥」のご馳走です
 
◆うにの栄養と効果について
うに(雲丹)は昔から強精強壮の作用を知られ、効果で貴重な食材として重宝されて来ました。

うにの種類は実に多いのですが、食用になるものは僅かな種類で、日本ではアカウニ、バフンウニ、ムラサウニの3種類あが知られています。
 
東洋医学では、昔から腫瘍の固まりを柔らかくする効果や、体を強健にして喘息の症状を緩和するなどの効能が云われています。

最近の現代医学の研究では、うにの中でもバフンウニの抽出物にはガン細胞を抑制する働きがあることが解明されていますし、ウニの有効成分であるβーカロチンは抗酸化作用や加齢現象を抑止する働きが期待されています。

※βーカロテン(カロチン)
・体内に吸収されるとカロテンは必要量だけビタミンAに変わり、残りはカロテンとしての働きをします。
(βーカロテンの働き)
・疲れ目や視力の低下を防止
・肌荒れを防止
・風邪の予防効果
・ガン予防
・活性酸素の除去

◆うに おかゆの作り方(薬膳粥)
(材料:3〜4人前)
・白米    ⇒2合
・水     ⇒2リットル
・いちじく  ⇒乾燥7個ほど
・うにといか ⇒市販のもの 瓶詰め
・大葉     ⇒適量
※乾燥いちじくは500ccの水にひと晩つけておき、使用時に刻みます。
 
雲丹お粥(うにおかゆ)作り方
・鍋に白米・水を入れフタとずらし強火にかけます
・沸騰してきたら弱火にして30分ほど炊きます
・刻んで置いたイチジクを、火を止める直前に入れます
・大きめな器に、おかゆを盛って、うにといかと大葉をのせます
・うにお粥の完成です

※いちじくの効能
世界には数百種類ものイチジクの品種があります。
(東洋医学では)
・胃腸を丈夫にする
・毛細血管に作用して、循環障害やむくみを改善
(現代医学の研究では)
・血糖値を下げる
・血圧降下の作用
・抗ガン作用
・免疫力を高める作用
以上の効能と効果が云われています。 

【北三陸産・最高級粒ウニ 琥珀】良質なウニだけを厳選し、ウニ本来の旨味をそのまま再現した極上の逸品!

詳細⇒あおもりうまいもん市場「北三陸産 最高級粒うに 琥珀」


posted by kantanokayu at 18:25 | お粥のレシピ(簡単) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。