スポンサードリンク

お粥の効能と効果

お粥の効能と効果は昔から知られ、先人達は、これを「お粥(おかゆ)の十徳」尊称して健康におかゆの効能と効果を活用してきました。

「簡単 お粥の作り方(おかゆ)」でご紹介してきましたように、お粥は消化にも良く、風邪、胃腸病、二日酔いなどにも、とても効果的な効能があります。

※正しくは「粥有十利 (しゅうゆうじり)」と云って、お粥には十の功徳があるという仏典からの引用です。

 
◆お粥の効能と効果「十徳」
・血色を良くする
・力を得る(栄養吸収が良い)
・寿命を延ばす(延寿の効果)
・苦痛がない
・言葉がはっきりする
・胸のつかえが治る(胸焼け、胃重)
・風邪が治る
・空腹が癒える
・のどの渇きが消える
・大小便の通じが良くなる(消化も良く、水分も足りる)

仏の教えで、お粥について述べていますし、修行僧が毎朝必ず「お粥食」であるのは、お粥のありがたいパワーを熟知していたためです。

◆日に一度のお粥で健康に 
今年の冬も風邪が流行っていますが、風邪などの病気で寝込んだおり、食欲が全くなくなりがちですが、そんな時でもお粥ならば食べられますから病人食にも最適です。

日本ではお寺などの一部を除き、風邪を引いた時などにしかほとんど食べられていないお粥(おかゆ)ですが、中国や韓国に於いては、ご馳走として贅沢なお粥が食生活に取り入られ、また各種の薬膳お粥の効能と効果を健康に活かしています。

お粥(おあゆ)は、まさに、病人食というより日常の食事にこそ取り入れるべき食品だといえます。
posted by kantanokayu at 03:44 | おかゆ 効能と効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。